お盆休みのお知らせ

柄が完成するまで

柄が完成するまで!

 

今回は、着物や生地に実際に描かれる柄が、

どのような工程で出来上がるのか、

過程をご紹介します。

 

柄によって工程は様々ありますが、

八掛に描いたチューリップの例でご説明します。

 

大きく分類すると4つの工程になります

  1. 下絵を着物(生地)に写す。
  2. 柄以外の部分を伏せる。
  3. 柄の部分に色を乗せてゆく。
  4. 細部を書き込んで完成。

 

それでは順を追ってご説明します。

1, 描く柄の輪郭線を生地に、カーボン紙等で複写します。

後は、その輪郭線の通り色を生地の上乗せて行くという作業になります。

 

2. 今回チューリップの花びらの部分を、伏せてピースガンを使用しました。

その際、「伏せる」という作業を行います。

周りに色が飛び散らないよう、花びら以外の部分を、カバーして細心の注意を払い、色を吹き付けて行きます。

下地にすでに、墨流しの加工が施されている為、何度も薄い色を重ねる作業の繰り返しです。

白・赤の2色のベタ塗りができました。

 

3.葉っぱや、茎の部分は、専用の刷毛や筆を使い、色を塗り分けて塗って行きます。

 

 

4.柄を起こすという表現になるのですが、影や、陰影を加え、立体的に柄が浮き立つように、細部を描き
こむ作業を行います。

 

↓ 完成です!!!

今回はご紹介したのは、作業のほんの一例です。

描きたい柄や、モチーフにより、どのような工程が、最善なのかは毎回異なります。

 

また、機会があればこのような作業工程の、ご紹介もしようかと思います。

ご興味持っていただけましたでしょうか。

1 COMMENT

Dad's bread n' coffee

なるほど‼️ 工程をわかりやすく説明いただきありがとうございます‼️

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です