お盆休みのお知らせ

舞妓・芸奴の『お引きずり』の再製

舞妓・芸奴の『お引きずり』の再製

 

京都には花街(かがい)と呼ばれる5つの街があります。

祇園甲部、祇園東、先斗町、上七軒、宮川町の5つの花街を称して「五花街」と呼ばれています。

その中の置屋(舞妓さんや芸妓さんの事務所)のひとつのお店からの依頼をいただいたお直しです。

 

皆さんお馴染みの舞妓さん・芸奴さんの姿はこの『お引きずり』

 

舞妓・芸奴が着る振袖は 『お引きずり』と呼ばれています。 普通の
着物より裾が長いのが特徴で、外では左手で「褄(つま)」を
持って歩きます。

 

 

「褄(つま)」を掴む為、生地の痛みが激しくなります。

ご依頼頂いた着物の修繕・再製の方法は、まず傷んだ生地を交換します。

そしてその上に新たに柄を描き加えます

 

 

 

 

Before

After

お客様のご希望に合わせて、専門の着物職人が柄を描き足します。

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

落ち着いて、自由に散策できる日常が戻った時、運が良ければ、宴会の行き帰りの舞妓さんを目にすることがあるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です